Q

再ナビゲーション設定(ナビ設定)

A

 再ナビゲーション設定は、発信者、着信者がダイヤル番号を押さずに指定時間が経過した場合に、ガイダンスを繰り返す回数を設定(「着信機能」、「発信機能」それぞれで利用できます。) 

 

使い道としては、ガイダンスを聞き取れなかった発信者、着信者の為に、ガイダンスを繰り返し流す設定です。

併せて、再ナビゲーションする前のメッセージを設定することもできます。

 

再ナビゲーション設定の利用方法ですが、 

ナビ設定(着信機能、発信機能)→設定する電話番号の「ナビ設定」ボタン→各分岐の「編集」ボタン→「再ナビゲーション」タブを選択→「再ナビゲーションを設定」にチェック

 の遷移で「再ナビゲーション」が利用できるようになります。

 ⇒ナビ設定には処理優先度がございます。処理優先度として以下の順番で処理されますのでご注意下さい。例えば、3番の自動応答設定を設定し処理された場合、5番のガイダンス設定をしていても、3番の自動応答設定が優先されガイダンスが流れません。ナビ設定後、思ったように再生されないという場合は、下記の優先順位をご確認ください。

   1.着信日時別ナビ設定(ナビテンプレート)
   2.着信制限設定
   3.自動応答設定
   4.暗証番号
   5.録音設定
   6.ガイダンス設定(再ナビゲーション、再ナビゲーション番号、通話切断番号、間違いプッシュ、タイムアウト処理含む)

このヘルプは参考になりましたか?